本協会について

◆日本高専陸上競技協会設立までの流れ
・2015年8月28日 平成27年度第1回陸上競技専門部会議で,日本高専陸上競技協会に名称を変更しました.
 全国高専連合会と混同しやすい等の理由です.
 日本高専陸上競技協会  Japan Kosen Athletics Association
 JKAAとして今後ともよろしくお願いいたします.

・全国高専陸上競技連合の設立
平成21年12月18日(金)  (社)全国高等専門学校体育協会 平成21年度専体協陸上競技専門部会議で決定された.
各地区の議論を経て8地区の合意により決定されたが,一人あたりの分担金については,今後更に検討することになった.(上記2009年記録集に掲載)

・設立の趣旨:現状(H21年)では,独自の財源がないため事業も展開できず,競技者登録をしている高専の学生数を把握するのも困難であること,さらには全国大会に関わる予算やマンパワーの削減が求められておりこれらの改善を進める必要があることから,任意団体として組織化する必要性がある.
・主な事業:全国高専大会の主管(現在と同様),強化練習・合宿の開催,専門的指導者がいない高専への支援,選手登録・ランキング,十傑などの記録管理など.
・組織は現在の組織である全国8地区(東海北陸は1地区とする)を継承することとし,財源の確保としては登録費用を競技者1人あたり500円を徴収する.
・他種目について:サッカー,ハンドボールなどいくつかの種目は既に組織化されており,独自の大会開催や海外遠征を既に4回も実施している団体もある.
・その他:プログラム番組編成・印刷などの大会事前準備,競技結果印刷,賞状発行,リアルタイムでのランキング作成などの事後処理を行うことができるシステム「アスリートランキング」導入については,大変便利であるが年会費や使用料などの経費が必要のため,今後更に検討していくことが了承された(H21/12/1).

◆第50回全国高専大会(記念大会)
・第50回大会(H27)特別種目は,地区大会までの種目別ランキングでの上位者から出場可能とする.大会経費削減のためにこの方法を採用することになった(H26/12/8).
・地区大会終了から,全国大会エントリーまでの期間が1週間程度しかない地区もあるため,ランキングの作成は迅速かつ正確なものが求められる.陸上競技連合立ち上げとともに,ランキング作成とこれを公開するウエブサイトの立ち上げ等に経費も必要となる.
 
日本高専陸上競技協会
E-mail:info@kosen-rk.jp
(c) 2015
-2016 Japan Kosen Athletics Association. All Rights Reserved.